老人ホーム経営

老人ホーム経営-介護報酬を活用した資金繰りを良くする方法

老人ホーム経営:銀行の融資 可否のポイントはこれ

更新日:

 

銀行

 

老人ホームの経営などの介護事業を軌道に乗せ、順調に経営を行なっていく上で、時に銀行や金融機関による融資や借入を行なうことも、必要になってくることがあります。開業当初の融資だけでなく、新たな介護機器の導入や事業拡大などの際に、追加融資をお願いしたいと思うこともあります。

 

安定した経営のために、銀行からの借入を上手に活用したいものです。では、銀行や金融機関が融資や借入の承諾を決める際には、その事業者のどこを見ているのでしょうか?融資の可否のポイントはどこになるのか?ここではその点を考えていきましょう。

 

銀行の融資-事業内容と会社の業績を見られている

 

イエスかノー

 

銀行などの金融機関が融資を承諾するかどうか、一番注目しているポイントは、ずばりあなたの会社の返済能力です。これは、地方銀行とメガバンクによって多少の差はあります。それぞれの審査基準や注目しているポイントがあり、それに通過すれば融資という形になります。しかしどの場合でも、基本的に返済能力があるかどうかは最重要チェックポイントです。

しかしそれも当然の話ですよね。もしあなたが誰かにお金を貸して欲しいと頼まれた場合に、当然その人がちゃんとお金を返してくれるのかどうかをチェックしたいですよね。銀行側も全くそれと同じことなのです。

そしてその返済能力は、次の3つの部分をチェックすることで判断されます。それは事業内容、決算報告書、社長の信用情報です。

基本的なチェックポイントはこのようになっています。

 

事業内容

その事業の業種・業態・取引先・事業年数・従業員数など。事業をしている年数が長ければそれだけ長年に渡って経営を成り立たせてきたわけですから、信用度は上がります。また、過去に銀行と取引した実績なども見られます。これまできちんと滞らず返済してきたか、入出金の履歴が健全で安定しているかなども、取引がこれまでにあるとチェックされてそれが信用に繋がる場合もあります。

また、今後その事業や業界が成長が見込めるのかなどもチェックされることになります。介護事業は今後ますます需要が拡大していきますので、業種としては有望と言えるかもしれません。ですが、近年は介護施設の競争も激化していますから、地域的な状況もしっかりとチェックされることになるでしょう。

 

決算報告書

貸借対照表(BS)・損益計算書・キャッシュフロー計算書。こういった報告書によって、事業の経営状態を細かく見られます。さらに、税務申告書なども当然チェックされます。基本的に直近の3期分の決算書を用意するように求められます。ですので、もし赤字決算や税金を滞納しているような場合は、残念ながらほぼ融資は断られることになります。

 

社長の信用情報

これはその会社のというよりは、経営者自らの信用が問われることになります。介護事業の経営自体は軌道に乗っていても、社長個人がたとえば税金を滞納しているような場合は、当然信用は悪くなります。また、個人的に借り入れがあるかどうかなどもチェックされます。たとえば、会社のお金は使えないので、個人的に消費者金融から借りていて返済中であるとか、そういった状況もしっかり見られることになります。

また、銀行の融資は担保や保証人が必要になってきますが、ほとんどの場合社長自らが連帯保証人になります。ですから、この社長の信用情報は重点的に見られることになります。

 

こういった基本的な3つのチェックポイントがあります。そしてそれに加えて、なぜ融資や借入が必要なのかという、事業計画もとても大切なチェックポイントになります。当然ながら、銀行はお金を貸してその金利を得ることで運営している会社です。ですからスタンスとしては、きちんとした返済能力のある会社にはお金を貸したいと思っています。貸すのが仕事ですからね。

ですから、もし今あまり事業が軌道に乗っていないような場合でも、きちんとした事業計画があって返済能力があると判断されれば融資対象となる場合もあります。返済期間中ずっと滞らず返済していける明確な根拠を、銀行側が納得のいく形で提示することができるかどうか、そこが重要です。

 

老人ホーム経営-介護報酬を活用した資金繰りを良くする方法 TOPページへ

 

-keiei

Copyright© 老人ホーム経営 , 2018 All Rights Reserved.